口に出して練習:英会話 喫茶やスクール、教室で上達するレッスン心得

口に出して練習

英会話を上達させるためには,英語を声に出して練習するのが効果的だ.

実は,英語を学習している人に,もっとも不足しているのが,この英語を口から声に出して練習することだ.

英語を読んだり,単語の意味を調べたり,聞くことは比較的時間をかけてやるのだが,実際に口を動かして練習するのはどれくらいだろうか?

英文を2,3回口から出しても,まだまだ足らない.

本当に英会話ができるようになりたいのなら,口の筋肉をとにかく動かすことが大切だ.

口から出す練習をするときは,必ずモデルとなる音声を用意してほしい.

モデル音声を聴かないで,音読するのはやめてほしい.

カタカナ英語など自己流の英語が身についている人は,いったんそれを忘れなければいけない.

練習するのは少しずつでかまいない.

口から出す練習のやり方は,まずテキストとモデル音声のCDなどを用意してほしい.

はじめに,英文と日本語文を読みよう.

これで,練習する内容を簡単に頭に入れておきます.

そして,ワンセンテンスを流したら止める.

この段階では,テキストは見ないようにしよう.

そのセンテンスを繰り返して言ってみてほしい.

スムーズに言えたらOKだが,繰り返せなかったらテキストを見て確認してほしい.

そして,何度も口から出して練習してほしい.

このとき,イントネーションとリズムを注意して聴いて,忠実に真似することが大切だ.

このように,ワンセンテンスを繰り返して練習し,最後には,全体を音読してみてほしい.

このときに,頭の中でモデル音声が流れてくるようだったら,完璧だ.

モデル音声をしっかり聴き込んだ証拠だ.

この地道な練習をどれだけしたかで,きっと英会話は上達していく.

関連記事

スポンサードリンク

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://eikaiwa-zyoutatu.bpoffice.net/mt/mt-tb.cgi/76
ブックマークに追加する ▲サイトTOPへ