早期英語教育について:英会話 喫茶やスクール、教室で上達するレッスン心得

早期英語教育について

早期英語教育とは,0歳〜12歳の子供を対象に,英語を教える教育のことをいう.

早期英語教育のメリットは,強制的に英語の勉強をやらせるのではなく,純粋な気持ちで楽しめることだ.

お母さんたちのイメージだと,学生時代の英語の勉強は,苦労して必死に難しい単語や文法を詰め込んだ,という嫌な記憶が残ってはいないか.

しかも,あんなに苦労したのに,今はほとんど英会話ができない・・・なんて思っていないか? 何のために英語を勉強しているのか,何が面白くて勉強しなくてはいけないのか,という考えでは,決して英語が身につくわけがない.

しかし,子供は違う.

赤ちゃんが言葉を覚えるときに,まずお母さんの言葉を聞き,それを真似することで,自分のものとして身につけていく.

そして,意思を相手に伝えるためや,相手を理解するために,言葉を発するようになる.

子供は楽しいと感じることは,積極的に進んで覚えようとする.

これは,日本語も英語も同じなのだ.

先生やお友達と英語で歌ったり,それに合わせてダンスしたり,英語を使ってゲームをしたりして,楽しみながら経験することで,知らず知らずのうちに,英語を身につけていくのだ.

子供は,英語が楽しいと思えば,きっと英語が大好きになる.

そして,もっと興味が出てきて,英語のことをもっと知ろうとする.

そんな子供たちは,英会話の上達もとても早いだ.

子供さんが興味を示したら,まずは,お母さんと一緒に英語を楽しむことから,はじめてみよう.

関連記事

スポンサードリンク

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://eikaiwa-zyoutatu.bpoffice.net/mt/mt-tb.cgi/93
ブックマークに追加する ▲サイトTOPへ