1000時間ヒアリングマラソン:英会話 喫茶やスクール、教室で上達するレッスン心得

1000時間ヒアリングマラソン

ヒアリングが苦手なのは,個人的な英語の能力などの問題ではない.

本物の英語を聞いた時間が,とても少ないからだ.

日本人は英語を母国語としていないので,その独特の音やリズムを捉えるには,集中して一定の期間,本物の英語を聞く必要があるのだ.

英語独特の音とは,つながったり,消えたり,いろんな形に変化する.

それを完璧に身に付けるには,相当の時間が必要となる.

その目安として,アルクの考えでは,1年で1000時間としている.

ポイントとしては,英語に費やす時間を,できるだけ毎日の生活にたくさん取り入れることだ.

通勤中や通学中の時間や,家事をしながらでも,意外と耳を使える時間はたくさんある.

英語をひとつの習慣として,生活に取り入れることができれば,必ず英会話が上達できるだろう.

洋画を鑑賞して楽しむのも,散歩しながら英会話を聞くのも,集中して聴いているのなら1000時間のうちに入る.

このように考えると,時間は意外と簡単につくれるものだ.

アルクの通信講座「1000時間ヒアリングマラソン」は,最新の話題を盛り込んで,毎月届けられる.

さまざまなジャンルの新鮮な英語素材で,楽しみながら使える英語が学べる.

「マンスリーテキスト」は,難易度やさまざまなジャンルのコーナーで構成されている.

コーチのわかりやすくて実践的なアドバイスが,受講生の学習をしっかりとサポートする.

また,スピーキングなどの力をつける学習コーナーもあるので,総合的に英語のスキルが上がる.

「1000時間ヒアリングマラソン」は,いろんな国の人々の生きた英語に触れることができる.

また,毎月最新の情報が届けられるので,楽しみながら英会話の学習が続けられるのだ.

関連記事

スポンサードリンク

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://eikaiwa-zyoutatu.bpoffice.net/mt/mt-tb.cgi/73
ブックマークに追加する ▲サイトTOPへ